15 49.0138 8.38624 arrow both 1 4000 1 0 horizontal http://agepan.jp 300 1
sticky-logo
ギャンブル文化
ここ日本のギャンブラーは毎年、パチンコに年間200兆ドルを費やしています。これはラスベガスの年間ギャンブル収入の30倍であり、日本の商用車セクターの2倍であり、ニュージーランドのGDP全体を上回っています。全国の10,600のパチンコ店が、カラフルに点滅する機械を並べてギャンブラー達を魅了しています。求められるスキルはハンドルを巧みに調整しながら玉を発射しできるだけ最小限の玉数で、盤面の中央にある当たり穴に玉を入れられるかです。パチンコ台はピンの調整や再構成等、定期的にメンテナンスが行われ、また公平さを保っています。しかしながらパチンコはその人気にもかかわらず、法的にグレーゾーンで運営されているといえます。ご存知のとおり、ここ日本では、競馬や一部の自動車レースへの賭けを除いて、ギャンブルは一般的に禁止されています。 実行プロセス:  日本を舞台にした歴史小説「パチンコ」の作者であるミン・ジン・リー氏は、パチンコ店は玉の獲得と現金への転換を仲介することで抜け穴を利用していると貿易アナリストに語りました。 「すべてのボールは一定のポイントに等しく、それらのポイントは賞品カウンターで引き換えられます。たとえば、獲得した金額に応じて、石鹸を手に入れたり、エルメスのバッグを手に入れたりできます。しかしながらエルメスのバッグ10個や石鹸100個は欲しくないかもしれない。そんな時は… 日本のパチンコギャンブル業界とは何ですか?またその規模はどれくらいですか? わたしたち日本人の余暇時間のほぼ半分は、パチンコ店で過ごしていることをご存知でしたか?業界は世界の自動車メーカートップ10よりも多くの人を雇用しています。最大の企業運営者の1つはDynamであり、全国で400のホールを運営しており、従来のパチンコ店よりも清潔で静かであると宣伝しています。 パチンコ店は主に第二次世界大戦の終結後に業界を開拓した韓国系日本人によって運営されています。今では彼らはパチンコ業界において大変重要な存在となりました。 パチンコカジノの到来 日本でもしカジノが到来すれば、何兆もの利益と収入をもたらすだろうと予想されています。Money Timesによると、毎年150万台の新しいパチンコ機が販売されています。衝動や習慣は、たとえ中毒でなくても、抑えるのは難しいものです。 ホイールを回し玉が盤面に弾き出され、障害物の周りを転がりながら落下する。その玉がどこに落下したかで勝負が決まる。ゲームの楽しみと共に賭けの要素も伴うパチンコはわたしたち日本人にとって、とても幸福で楽しい遊技ですよね。 一部の日本オンラインカジノはオンラインパチンコを提供しており、大まかなオンラインカジノ情報が入手できます。