15 49.0138 8.38624 arrow both 1 4000 1 0 horizontal http://agepan.jp 300 1
sticky-logo
ギャンブル業界
パチンコは日本発祥の機械式ゲームだというのをご存知でしたか?騒がしい音楽と明るい照明があることを除けば、ピンボールマシンにとても似ています。娯楽のアーケードゲームとして、またそれ以上にギャンブルのデバイスとして使われています。また西洋のギャンブル、スロットマシンとも比較でき日本ギャンブルのニッチな領域を埋めています。パチンコ店は全国のいたるところあります。通常、複数のスロットマシンも備えられ、店として運営されているためその形態はカジノによく似ています。最近のパチンコ機は高度なカスタマイズ機能も備えています。日本では現金でのギャンブルは名目上違法ですよね。そんな中、この日本社会で広い範囲で浸透し愛されているローステーク・ギャンブルであるパチンコは、法的な抜け道を可能にして存在しています。 パチンコの遊び方  パチンコは全国にあるパチンコ店で楽しむことができます。ピンボールのように機能しますが、そこにギャンブルの要素も含まれています。  プレイヤーは、玉を挿入してからハンドルを引きます。スプリングで玉を打ち出すと、玉はいくつかの障害物にぶつかったり横切ったりしながら落下していきます。そしてこの玉がどこに着地するかで利益が決まります。  盤面にはピンなどといった多くの障害物がありはらはらドキドキする作りでそのことはとても重要な要素といえます。玉はこれらの障害物で跳ね返ったりしながら、最終的にカップに落ちますが、玉が特別なキャッチャー(当たり穴)に入った場合は報酬が得られます。  パチンコ機に含まれているフリッパーは、ピンボールマシンでも使われているため西洋人にもなじみがありますが、その主な違いは、西洋のピンボールで使用されるフリッパーは手動であり、パチンコ台のフリッパーは自動化されています。  パチンコ業界の規模はどれくらいでしょうか。  パチンコ産業は1995年のピーク時に34兆8,620億円(3億3,118万9千米ドル)の収益を上げました。業界は2016年に21兆6,260億円(205,447百万米ドル)を占めるまで継続的に減少しており、これは日本の2016年のGDPの4.16%に相当します。  最近では、日本政府はパチンコ業界に対してさらに制限的な措置を講じており、主にジャックポットの支払いと、2018年2月以降に購入したマシンのジャックポットに当たる可能性を減らしています。  2016年現在、業界は10,986店舗、2,833,133台のマシン、および940万人のプレイヤーで構成されています。これは、店舗あたりの収益が1,969百万円(18.7百万米ドル)、マシンあたりの収益が7,633,246円(72,516米ドル)、プレイヤーあたりの収益が毎年2,300,638円(21,856米ドル)に相当します。 とても大きな数字ですよね。海外の人がこの数字を見たら、日本国民のほとんどがパチンコ中毒だと思うかもしれません!実際、日本にはたくさんのパチンコ愛好者が存在することは事実ですが。