15 49.0138 8.38624 arrow both 1 4000 1 0 horizontal http://agepan.jp 300 1
sticky-logo
ギャンブル法
ここ日本のギャンブラーは毎年、パチンコに年間200兆ドルを費やしていると言われています。  これはラスベガスの年間ギャンブル収入の30倍であり、日本の商用車セクターの2倍であり、ニュージーランドのGDP全体を上回っています。 全国の10,600のパチンコ店が、カラフルに点滅する機械を並べてギャンブラー達を魅了しています。求められるスキルは玉の発射を調整するホイールを巧みに回しできるだけ多くの玉数を盤面の当たり穴に入れられるかです。 パチンコはその人気にもかかわらず、法律の灰色の空間で運営されているといえます。日本では、競馬や一部の自動車レースへの賭けを除いて、ギャンブルは一般的に禁止されてきました。 日本を舞台にした歴史小説「パチンコ」の作者であるミン・ジン・リー氏は、パチンコ店は玉の獲得後、その利益を仲介する抜け穴を利用しその後現金へ転換することを可能にしていると中小企業のインサイダーに語りました。 「玉数は獲得ポイントに変えられ、賞品カウンターで引き換えられます。たとえば、獲得したポイントに応じて、石鹸を手に入れたり、エルメスのバッグを手に入れたりできます。でもエルメスのバッグを10個も石鹸を100個も人は欲しいでしょうか。つまりこれらの賞品を受け取り、遠くの路地で現金に換えるのです。」 この現金交換はかつては暴力団により管理されていましたが、今では多くの店で賞品カウンターと換金場所との間にガラスの壁が隔てられているだけでやり取りが行われているとリー氏は指摘し、  「玉からプラスチックディスクに変換された賞品は、ガラスの壁の向こう側でお金に転じるのです。」と述べました。 韓国人によるパチンコ業界の占領 この業界は国内の自動車メーカのートップ10よりも多くの人を雇用しています。最大の企業運営者の1つはDynamであり、全国で400のホールを運営しています。 「韓国人がパチンコ業界にたどり着いた理由は、他の場所で仕事を得ることができなかったためです。たとえば教師であっても教師をあきらめなければならず、トラックの運転手になりたくてもかなわなかった人達にとっての避難所としてパチンコ店での仕事がありました。」とリー氏は述べています。「その後、女性は外食産業に参入し男性はギャンブル産業に従事していきます。そして世代を超えて彼らはこれらの業界で非常に重要な存在になっていくのです。」 と付け加えています。